超音波治療

超音波治療

超音波のここが凄い~副作用なく身体の深部まで到達

 

超音波とは、人間には聞こえないほどの細かい周波数で振動する音波のことです。
この超音波の音と振動エネルギー作用を利用して、1秒間に100万回もしくは300万回
のミクロマッサージと呼ばれる「非常に高速で細かい振動」を、手技では届かない
体の深部まで到達させ、筋肉や関節などのこわばりを和らげます。
痛覚を刺激することなく筋肉を細胞レベルまでほぐすので、再生組織の活性が促され
あざや骨折なども治りやすくなります。
受傷後すぐに使用できるため、ケガの絶えないプロスポーツチーム・スポーツクラブ
などで多く採用されている治療法です。

 

超音波治療の特徴とメリット

 手によるマッサージの数倍の圧力を体の深部に直接与えることができます。
 超音波が体の組織に吸収される際に生じる熱で温熱作用を発生させ、超音波が到達している範囲を立体的に温める
  ので、血行促進や疼痛を緩和させることができます。
 ケガや痛みの急性、慢性期問わずに治療が可能です。
 薬剤を塗布して超音波をかけることで、薬剤の浸透性を高めます。

適応疾患例

  軟部組織の弛緩→変形性膝関節症、下腿三頭筋の弛緩
  炎症→肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)、腱鞘炎、捻挫、バネ指
  創傷→手術痕、やけど痕
  疼痛→坐骨神経痛、ムチウチ症
  骨折→骨融合を速める

関連記事

超音波療法の特性と適応
超音波療法の効果