ぎっくり腰のメカニズム

ぎっくり腰のメカニズム

ぎっくり腰って

そもそもぎっくり腰とはなんなのか・・・。ぎっくり腰とは『急性腰痛』『椎間捻挫』と
呼ばれ、いきなりギクッとういう衝撃と共に、腰に強烈な激痛に襲われるものです。
ぎっくり腰はなる人の数だけ原因があると言われています。腰椎が瞬間的にずれてしまい、
腰の筋肉が負荷に耐えきれず炎症を起こしてしまう腰痛です。

まず、こんな症状がある方はお気をつけください。

●30歳以上の椎間板、椎間関節に加齢現象が始まった方。
●過去に急性腰痛を経験したことがある方。
●骨粗しょう症で脊椎が脆くなっている高齢の方。

少しでも当てはまる方はぎっくり腰(急性腰痛)にならない予防が大切です。
もちろんはてはまらないという方も油断は禁物です。
ぎっくり腰(急性腰痛)は元々姿勢や動きの癖に問題があり、急に過度な負担が
かかっていることがぎっくり腰(急性腰痛)の間接的な原因となります。
当院では患者様、皆さんに良い姿勢作りをアドバイスさせていただいております。
痛みの出ない身体にするためにも、普段から良い姿勢、筋力トレーニングなど
少し気を付けていただくだけでも全く違いますので、一緒に頑張りましょう。
それではぎっくり腰(急性腰痛)の原因と症状をご説明します。

腰部椎間板ヘルニアの断裂/腰部椎間板ヘルニア

【症状】

腰からおしりにかけて痛みがあり、足にかけてシビレや痛みが走ることがあります。
重いものを持ったりすると激痛が起こり、ぎっくり腰の状態になる事があります。

【原因】

腰の骨と骨の間には、クッションの役目をする椎間板と呼ばれるものがあります。
一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。この椎間板は常に体の重みを
支えていて圧力で、だんだん変化し椎間板の断裂が起こることがあります。
そしてその椎間板の一部が、つぶれて出てくるような感じで出てきて、背骨に沿って
走っている神経を圧迫する為痛みが起こってしまうのです。

腰部椎間板症

【症状】

慢性的に痛みが起こる場合もありますが、前にかがむような姿勢や体をねじった際に
急に痛みが起こることがあります。

【原因】

椎間板は中央には髄核と呼ばれる部分と、その外側の線維輪とよばれる部分で構成
されています。髄核は水分を多く含むゲル状の物質で出来ており、線維輪はコラーゲン
からできています。これらは年齢と共に減ってきて椎間板のクッションとしての機能が
落ちクッション性が悪くなることによって骨の周りの筋肉や関節に負担がかかります。
無理足性や急激な外力・外圧などにより負担がかかり筋肉や関節を痛めることにより
腰痛が起こります。

腰椎圧迫骨折

【症状】

店頭や腰の捻りによって、強い腰の痛みが発生し強い痛みが持続します。

【原因】

特に多いのは骨粗鬆症がベースとなり発症することです。
骨が弱くなっている状態のときに、転倒などで外力がかかって骨折するケースです。
骨が脆くなっているため転倒などの強い外力でなくともちょっと腰を捻るなどの動作
でも起こることがあります。骨折することより激しい痛みが起こります。

このように激しい痛みなど辛い症状が出てしまいます。さらに、癖になる方も多く、
ぎっくり腰(急性腰痛)をよく起こす方は特定の椎間板にいつも負担がかかっている
可能性があると言われています。『ぎっくり腰(急性腰痛)』は加齢などにより椎間板が
弱くなり亀裂が入っていたりするところに、外力・外圧がかかることにより椎間板や
そのまわりの筋肉を傷めることにより起こります。
日ごろから重たいものを持つ時の体制や力の入れ方を意識したり、腰に負担のかかる体制を
とらない癖をつけるなどすることで弱った椎間板を保護することが出来るのです。
ぎっくり腰にならないための身体作りが大切です。
身体の歪みや日常生活での癖など、筋肉のバランス、姿勢、様々なことが関係しています。
少しでもご不安、気になる方がいらっしゃいましたらご相談ください。

関連記事

浜松市で腰痛解消なら地域一番
スクワットで腰痛改善
坐骨神経痛で悩んでいませんか
脊柱管狭窄症の見分け方
腰椎椎間板ヘルニアの見分け方
ぎっくり腰対処法

一度、ご相談下さい

はなまる整骨院LOGO