浜松市で腰痛解消なら地域一番!

腰痛治療

「腰が痛い・・・」。いろいろな病院や治療院で治療したけれど思ったほど効果がでなかった。
残念ですがよくあることです。腰痛は疾患ではなく症状です。何か原因があって痛みを引き起こしているのです。
しかし、その原因が分かれば対処の方法があるとおもいでしょうが、人間の身体は複雑で現在の医学でも多くの
一般的な症状や疾患の正体をつかめていません。

腰痛の原因の15%はいわゆる病名が付く疾患で例えば「椎間板ヘルニア」、
「狭窄症」、「すべり症」などです。
これらはまず、病院で検査を受け判別することが大切です。
椎間板ヘルニアの見分け方
脊柱管狭窄症の見分け方
問題は残り85%の原因不明の腰痛に対してどうアプローチしていくかです。

原因不明の腰痛

当院では、残り85%の原因不明の腰痛の施術に力を入れています。とはいえ、原因不明とされてもその原因を
知りたいものです。
たとえば以下のようなものが考えられています。
・筋肉(特にハムストリングス)の柔軟性低下
・体幹筋の弱化
・腰の動きの悪さ
・悪い姿勢
・腰の使いすぎと筋肉量の少なさ
などなどですが一言で言ってしまえば、
腰痛の原因は全身疲労の蓄積と骨盤のゆがみがほとんどです。
疲労の原因は様々、仕事、家事、育児、人間関係、先の見えない閉塞感、不条理な世の中、などなど、
何かと疲れやすい現代社会。
疲れには二種類あって、肉体的な疲れと、精神的な疲れです。そして疲れは身体に現れます。筋肉は緊張し
つづけると凝り固まる、筋肉が硬くなれば、それを覆う筋膜が縮み、それに引っ張られてだんだん身体が歪んでくる。
歪んだ状態が長く続くと、いたるところに負荷がかかり、そこに痛みが発生しはじめる。腰痛もその一つです。
身体全体のバランスを整え、リラックスするときはリラックスし、力を入れるときは力が入る、そういう身体に
していくことが腰痛改善の第一歩です。
以下の視点から原因不明の腰痛に対してアプローチをし改善しています。

筋膜のつながりで痛みを改善

筋膜のつながり 詳細ページへ
背部の筋膜は頭のおでこ→首→背中→お尻→もも裏→ふくらはぎ→アキレス腱→足裏
まで繋がっていてお互いを引っ張り合いながらバランスを維持しています。
例えば、長時間のデスクワークで腰が痛い、つらいなどの症状は筋膜のつながりを
用いて首や肩甲骨周辺、大腿部裏、ふくらはぎ、アキレス腱等を緩めることで
改善が期待できます。

骨盤を安定させて痛みを改善

骨盤は身体の土台です。土台がグラグラと不安定な状態では周りの筋膜や筋肉、骨格が
正しい動作ができません。特に骨盤の前後の傾斜が重要です。前に傾斜すれば腰は
反ったような状態(反り腰)になり、後ろに傾斜すれば腰が平背(フラットバック)
状態になります。どちらにしても、腰に負担が加わり痛みが生じます。

傾斜により周りの筋肉への影響

影響を受ける筋肉は
 脊椎と股関節を繋ぐ腸腰筋(腸骨筋、大腰筋)
 骨盤周りの骨盤筋(大殿筋、中殿筋、梨状筋)
 大腿部前後筋(大腿二頭筋、大腿四頭筋、大腿筋膜張筋)

これらの筋肉の疲労や衰えが、腰回りの関節に負担をかけたり、その結果、ゆがみや炎症を引き起こし
正常な機能が働かないようにして痛みを生じさせています。
骨盤の支持を高め、安定させることが出来れば、改善が期待できます。

腹圧を高めて痛みを改善

 

最近、お腹がぽっこりしてきた方、「腰も痛いし・・・」って言ってませんか?
腹圧が低下すると腰椎が「グラグラ」。その影響で、椎間板や、椎間関節、
仙腸関節、さらに靭帯や深部で腰椎を支えている多裂筋などに負荷がかかり
腰痛の原因となります。
重いものを持ち上げる時には、腹筋が緊張して、腹圧が上がります。
お腹全体の圧力が高くなって、腰椎を支える力が増します。
この働きをする腹筋が腹横筋です。腹横筋は4層ある腹筋群の最深部にあり、
意識的にお腹を凹ます時に動くのが腹横筋です。
例えば腰のコルセット。
巻いた事がある方ならば、意外と巻くと腰が楽になりません?。
あれは腹圧を高めて腰椎を安定させているからです。
施術でインナーマッスルに働きかけ、腹圧が安定できれば改善に期待できます。

まとめ

原因が分からない痛みは不安でいっぱいでしょう。もしかしたらハッキリとヘルニアだ、狭窄症など
病名が付く方が安心かもしれません。原因を突き詰め不安を一掃して腰痛を楽にしましょう。

腰痛関連記事

スクワットしよう!
スクワットで腰痛改善
坐骨神経痛